蓄電池Security products

蓄電池

蓄電池とは?

家庭用蓄電池とは、充電して電気を貯めておくことができ、必要な時に電気機器に電気を供給することができる一般住宅で使用可能な二次電池・バッテリーのことです。

大容量の蓄電池を導入すれば、停電時でも10時間以上使用することができるタイプの蓄電池もあり、震災などでは、非常用電源として使うこともできます。他にも電気料金が安い夜間に充電、電気料金が高めな日中に蓄電池を使うなどすれば、電気料金の節約もできる というメリットもあります。

国や自治体からの補助金制度や、リース、レンタル、小型の蓄電池なども発売され、ひと昔前より導入しやすくなってきています。

省スペースで設置が簡単!

接続箱機能内蔵のオールインワン設計。
屋外に設置するので家の中で邪魔になりません。屋外仕様で運転音も気になりません。

スマホで電気使用量を確認

スマートフォンやタブレット、パソコンなどからお使いになられている「Smart Star L」の充電・放電の状況や、電気使用量・購入電力を確認できます。

なぜ今、蓄電池はこれだけ売れているのか?

蓄電池を導入する方が急増しているのはご存知でしょうか?
これまでも堅調に推移してきた蓄電池市場ですが、以下のような背景から、ここ数年でその勢いがますます加速しました。

蓄電池の導入が急増している背景

2019年11月に初めて、10年間の固定買取期間が終了する人が53万人も出てきた(いわゆる2019年問題)
2019年に国の蓄電池補助金が復活(4年ぶり)。2020年度も補正予算による支給あり製品ラインアップが増えて、あらゆるニーズに応えられるようになったから。
自然災害による大規模停電の増加で、災害対策としての需要が高まっている

蓄電池の3つのメリット

1.停電時に電気が使える

蓄電池があれば、停電が起きたときにも太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて、必要な時に使うことができます。停電時に電気を使えないとどれぐらい困るのかというのはなかなかイメージしにくいと思いますが、電気が使えないとどんなことが起こるでしょうか。 例えば冷蔵庫が使えずに食品が全て腐ってしまうかもしれませんし、携帯電話の充電ができずに連絡が途絶えてしまうかもしれません。

2.太陽光発電の電気を自家消費できる

蓄電池があれば、太陽光発電でつくった電気の自家消費比率を高めることができるというメリットがあります。太陽光発電が発電した電気は売電するのではなく、蓄電池を導入して、たくさん自家消費をしたほうがお得ということです。

3.深夜の割安な電力を使うことができる

一般的に蓄電池を導入すると、電力会社との契約を深夜料金が安いプランに変更します。
(オール電化を導入済みの方は既にこのようなプランになっているはずです。)
太陽光発電で貯めた電気を夜に使うだけでなく安い深夜電力をさらに貯めて、太陽光発電がまだ動き出さない朝の時間帯に使うことで2つめの経済メリットを得ることができます。

お客様の声

南部にお住まいのM様

沖縄は台風が多い為、万が一のことを考え。蓄電池の導入を決めました。
実際に大型の台風が来た時は、近隣の住宅では10時間程停電しておりましたが、我家では蓄電池を導入していたおかげで、停電にならずに助かりました。
停電時は冷蔵庫やガス給湯器が使えなくなので、本当にオススメです。

取扱メーカー

防犯商品導入の流れ

ステップ1:お問合せ
お問合せページのメールフォーム、又はお電話にてお問合せください。お気軽にご連絡ください。
お問合せ
ステップ2:現場調査
お客様のスケジュールと調整し、担当者がお客様の家に訪問し、現場調査とヒヤリングをさせて頂きます。
ステップ3:お見積&ご契約
お客様のほうで見積書の内容にご納得いただければご契約となります。
工期や金額、工事内容などをご確認いただいたうえで、ご捺印をお願いいたします。
ステップ4:設置工事
基本的な設置工事は10日~15日程度で終了します。
施工が完了しましたら、動作確認や利用方法をご説明させて頂きます。

CONTACTお問合せ

お客様のご要望やお考えをおうかがいし対応します。
まずはお気軽にお問合せください。